その発電は直流?それとも交流?

私のような文系の発電初心者にとって、
自作で発電していると、まず気になるのが、
直流と交流です。

壁についているコンセントの電源は、
100Vの交流ということくらいは知っているのですが、
太陽光発電って、直流か交流か
風力発電はどっち何だろうという疑問が湧いてきます。

太陽光発電のパネルで発電できる電力は、直流です。

風力発電を、ダイナモで電力に変える場合は、交流です。

似たような手軽にできる発電でも、直流と交流で違うのですね。

同じように、小水力発電や自転車で発電する場合も
ダイナモを使って発電する場合は、交流になるんですね。

ちなみに、直流はDC、交流はACです。
どっちがどっちだったか忘れてしまいそうなので、
私は、直流はDirectだからDがつくと覚えるようにしています。

そして、たとえば、ノートパソコン自体は、直流の電源で動きます。
壁のコンセントは、交流でしたよね。

ですので、コンセントの交流をノートパソコンで使えるように
ACアダプターを使って、直流にしているのですね。

直流と交流という、単純なことも、発電をしてみると、
なかなか面白く感じてきております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>