梅雨の時期のソーラー発電はどんな感じか?

こんにちは、タカです。

2015年にクリーンエネルギー事業をはじめるというプランもあり、
まずは、小さな小さな一歩からということで、ソーラー発電キットを購入しました。

ネットで検索して、複数の中から検討し、最終的に、Goal Zeroの製品を注文しました。

「goal zero ガイド10プラス アドベンチャーキット」の実力は、いかほどか??

「goal zero ガイド10プラス アドベンチャーキット」という、
持ち運びを前提にした7ワットのソーラーパネル、蓄電するための充電器のセットです。
(1万円ちょっとで買えるセットです。私は楽天のポイントを使用し少し安く買えました。)

外に持っていって、充電ができることや、
直接充電もできるし、一度蓄電してから使用することもできます。

まずは、自宅でこの太陽光発電キットを試しました。
充電には元々持っていたエネループという単3の充電池4本を使用しました。

発電する場所は、はじめはベランダが良いかと思ったのですが、
毎日発電して、毎日回収するとなると、2重扉を毎日開け閉めしなければならず、
意外と面倒。
さらに、ベランダということになると、雨風にさらされるリスクがあり、汚れも気になります。

そこで、出窓に設置することにしました。
直射日光ではないのですが、出窓なので普通の窓よりも光を集めやすいという理由です。

天気がよければ3時間程度で充電が完了するようです。
朝セットして、夜に回収して1日充電してみました。

夜帰宅し、どのくらい充電できたかと、iPadを取り出して、
ケーブルをセットして、充電してみました。

はじめての「自電」、でも、その結果は、><

購入した時期が6月の梅雨の真ん中の時期でしたので、
雨こそ降らないものの曇り空の日々がつづきます。

屋内は暗めなのですが、雲があるとはいえ、屋外は十分に明るいです。

説明書によれば、公式には3時間で満充電されるとあるので、
曇り空といえども朝7時から夕方5時まで10時間も充電したら十分でしょう。

夜に充電池を回収して、iPadへ接続し、充電を試みました。
しかし、その予想に反して、充電レベルが小さく、
すぐにパワーが少ない赤のランプが点灯します。

結局iPadの充電レベルは1つしかあがりませんでした。

そんな日が、3日連続つづきました。
いくら試しても、ダメでした。

はじめの1日や2日なら、何かの間違いなのかと思いますが、
さすがに3日連続だと、ソーラーパネルや充電器を疑いたくなりますね。

不良品ではないのか??
本当にへこみました。

しかし、事態は4日目に急変したのです。

4日目に晴れた!

3日連続でうまくいかなかったモバイル型のソーラー発電ですが、
4日目はいつもと違いました。

これまでは、自宅の出窓に吊るしていたのですが、今回は、事務所のベランダへ置いて、直射日光があたるように広げました。

太陽光が燦々と照りつけ、
単3のエネループ4本が完全に充電できたんです。

ちょっと気になって、曇りの日と、晴れの日の発電状況を調べてみました。

川崎に大規模ソーラー発電所が昨年2011年にオープンしましたが、
発電量をリアルタイムで公開しています。

上は曇りの日ですね。
発電量が小さい。

それに較べて、この日の発電量はほぼ最大値。

曇りの日と晴れの日の発電量に大きな開きがあることがわかりますね。
私がソーラー発電をはじめた3日間は、ずっと曇りでほとんど充電できなかったのですが、
4日目に晴れたため、ばっちりいけました。

ちなみに、充電したエネループ4本で、
iPodの充電は、ほぼ満充電できます。
スマートフォンもほぼ満充電できますね。

iPadは、10%分の充電ができました。

梅雨の時期の「自電」の結論!

曇りの日の発電量は、ゼロではないが、相当に低い!

(体感的には晴れの日の20%程度!)

はじめてのソーラー発電で、3日連続で曇りだと相当へこむ > <

でも晴れの日は必ずやってくる!

梅雨のあとにやってくる、真夏のうだるようなカンカン照りの暑さが嫌いじゃなくなる!

また、ソーラー発電、レポートしてみたいと思います(^_^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>