風力発電(NorthPowerのNP-103)を買ってみた

やっぱりね、太陽光発電をしていると、
1つ気になることがあるんですよ。

それは、太陽光がある時にしか発電できないということなんです。

そして日中でも、雨の日には、発電できないでしょ。
すると、他の発電方法が気になってくるわけです。

しかも、ベランダでできるものというと、
小水力発電は無理でしょ、もちろん、地熱発電なんて無理 > <

気軽に取り組めそうなものというと、風力発電になります。

North PowerのNP-103を発見!

楽天で検索してると、小さな風力発電キットを見つけました。NorthPowerのNP-103というキットです。

風力発電は小さくても本格的なものになると、20万円とか30万円することもざらなのですが、このキットは1万円くらいで値段も手頃でしたので買ってみました。

注文してから3日くらいで届きました。

外箱はとてもシンプルな白い箱(^_^;

箱を持った感じも軽いです。
開けてみたら、キットがコンパクトに入っていました。

これが風力発電NP-103に入っていた全部品。非常にシンプルだ。

1時間で組み立てられる??

説明書に「1時間で組み立てられる」と書いてありましたので、
意気揚々と組み立て始めました。

しかし、ブレードにネジをはめたところで気づきました。

別売りの部品がある!!

スリーブ部分と支柱部分は、このキットに入っていませんでした。
支柱は仕方ないとして、スリーブが無いと、
それ以上組み立てられません。

スリーブを持っている文系ビジネスマンはあまりいないと思います(^_^;
ホームセンターに買いに行かないと。。

というわけで、1時間で組み立てられるというのは、
なんと言うか、絵に描いた餅!

たしかに、別売りのスリーブを持っていたら、できるけど、
ほとんどの人は持ってないと思う。。

ここで一時中断。

数日後、東急ハンズ池袋店に行って、
スリーブと支柱を買ってきました。

スリーブは金属製がなかったので、
塩ビの外寸26mmを200mmの長さで良かったのですが、
短いものがなく、1000mmを378円で購入しました。

さらに、ステンレス製の支柱1800mmを買いました。
600円程度でした。

風力発電、組み立て再開!

やっと、スリーブを取り付けられました。

そして、ダイナモを取り付けました。上の写真の黒いダイナモが回転することで発電しますので、重要な役割です。

でも、このダイナモ、どこかで見覚えありませんか?

ひょっとして、自転車??

と思った人は、勘が鋭いです。ママチャリのライトを点けるためのダイナモと同じものです。

さらに、ブレードを取り付けて、風力発電ができました。

結局延べ数日かかりました。
でも、はじめにスリーブさえ用意があれば、
正味1時間でつくれそうです。

ポイントは、ブレードの角度!

扇風機で風を送って、どのくらいまわるのかを試しました。
しかし、はじめ、全くまわりませんでした。

ブレードの角度は11度。

次に、20度くらいにしてみたら、まわりました。

40度にしたら、またまわらず。
最終的に、20度くらいにしました。

ただ、相当風が吹いていないと難しいそうです。

うちのベランダでは、対して風が吹いていないので、
発電は難しいかも。。

田舎の実家に持っていこうかな(^_^;

風力発電の結論!

風力発電は、1万円くらいのキットで可能!
しかも、材料さえ揃っていれば、1時間くらいで組み立てられる!

でも、ダイナモを回す風力は、微風ではダメ!
風のあまり吹かない都心のベランダでは無理かも!?

 

様々な機器の蓄電池(バッテリー)の容量比較

自分で発電をするようになって、がぜん気になり出したのが、
蓄電池やバッテリーの容量です(^_^;

スマートフォンや、デジタルカメラなどみると、これまでは基本的なスペックが気になっていたのですが、
現在は、それに飽き足りず、カバーを開けて、
蓄電池(バッテリー)の容量を見るのが、ここのところの関心事になってます(笑)

たとえば、エネループは、1.2V Typ.2,000mAh Min.1,900mAhですので、
Whについては記載はありませんでしたが計算すると2.28Whのニッケル水素電池ということになります。

キャノンのコンパクトデジカメのS95は、3.7V Typ.1,000mAh Min.940mAh 3.5Whのリチウムイオンバッテリーでした。

htcのスマートフォン EVO 3Dは、3.8V(DC) 1,730mAh 6.57Whのリチウムイオンバッテリーでした。

SAMSUNGのスマートフォン GalaxyNoteは、NTTドコモの電池パックSC06というもので、
3.7V 2,500mAh 9.25Whでした。

cheero Portable Power Bankは、バックアップ用の充電バッテリーとして購入したもので、
3.7V 10,000mAhですので、
Whについては記載はありませんでしたが、計算すると37Whのリチウムポリマーバッテリーということになります。
なかなかの大容量ですね。

ちなみに、入力は5V 1Aで、出力は5V 1Aと、5V 2.1Aの2つのUSBの出力ができますので、
スマートフォンへの充電をしつつ、同時にiPadにも充電ができます。

私が使用しているPanasonicのレッツノート CF-S10は、
7.2V Typ.13.6Ah Min.12.8Ah 93Whのリチウムイオンバッテリーでした。

ここまで大きな容量のバッテリーなので、ノートパソコンも10時間以上動くわけなんですね。

ちなみに、現在のレッツノートの前に使用していた1つ前のレッツノートのバッテリーを確認したところ、
7.2V Typ.12.4Ah Min.11.6Ah 84Whのリチウムイオンバッテリーでした。

容積はほぼ同じですので、バッテリーも日々高容量化しているのですね。

バッテリーの世界は面白いです。

身近なバッテリーを見つけたら、すかさず容量をチェックして、またこの記事に追加していきたいと思います(笑)